経営者とコーチング事例
コーチ: 経営者:
 
今後の行動立案の時間
一年の計画に基づく、一週間の行動計画・目標を明確化。
: ここまでで一年の半分に来ました。今年の目標の確認をします。
: Aの目標には大体めどがついてます。Bはまだですね。ただ、慌ててみても無理が生じると
      いけないのでもしかしたら来年に持ち越すかも。
: ではBについてはどう扱っていきますか?
: これを進めてくれる人を探してるところです。人が見つかれば後は私がフォローしてその人
      が進めてくれると思います。人をまだ探してるところなのでそれに専念することに力を入れること
      が必要だと思います。
 
コーチングが長期間にわたると「1年前はこんなことを言ってました。その頃と比べるとどう思いま
すか?」といった振り返りも可能
経営者は将来に対する行動計画や整理の時間をする。そして現状に対する課題が明らかになり
ます。会社のビジョンと今を埋め合わせるギャップを明確にし、ビジョンからぶれないようにする
経営者には必要不可欠な作業をするのがコーチングの時間です。